AGA治療に利用される薬とは

AGA治療に利用される薬とは

AGA治療に使われる薬は主に2つです。1つ目がプロペシア、2つ目がミノキシジルです。プロペシアで乱れたヘアサイクルを正常化し、ミノキシジルで発毛を促進するというダブルの効果を期待して処方されます。
AGAとは脱毛ホルモンとも言われるDHTの過剰分泌が原因です。

そのDHTの生成に欠かせないのが5αリダクターゼです。AGA治療に使われる薬の一つプロペシアの主成分、フィナステリドはこの5αリダクターゼを抑制する効果が期待できます。このプロペシアは前立腺肥大症の治療に使われていたことから、性機能を低下させる副作用があるとされますが、実験によると薬効による副作用ではなく、思い込みによるもの、つまり、心理的な要因が強いとされています。
もう一つのAGA治療薬のミノキシジルは、血行を促進し、発毛自体を促す効果が期待できます。ただ、こちらは血管を拡張する作用があるので、元々低血圧の人が飲むと、低血圧症になったり、血行を促進するので、毛髪だけでなく他の部分の体毛も濃くなったり、同じく血行促進作用から皮脂の分泌が活発になり、ニキビができるなどの副作用の報告もあります。